Wowful

  • TOP
  • 事業者一覧
  • 広重美術館

広重美術館会社情報

(0件の口コミ)

エリア
  • 山形県 天童市
Point!
  • 浮世絵の巨匠・歌川広重の専門美術館
  • アットホームな雰囲気のなかでポーセラーツを体験できる
  • 天童観光の合間に立ち寄れる便利なロケーション
梅澤 美穂

「歌川広重の貴重な作品と、ポーセラーツをゆったりと楽しんでください」

「広重美術館」は、『東海道五十三次』などで知られる、浮世絵師・歌川広重の作品を多数、展示している美術館です。江戸後期、厳しい財政状況にあったとされる天童織田藩。広重はその織田藩から依頼を受け、裕福な商人や農民へ渡す、資金提供の御礼や返済の品としてたくさんの肉筆画を描きました。絹や紙、板などに直接筆で描いた「肉筆画」は、世界にひとつしかない貴重な作品です。広重美術館では、期間限定で肉筆画もご覧になっていただくことができます(1年間に1カ月間展示しています)。また、季節などに合わせて毎月展示は替わりますので、訪れるたびに違った作品を楽しめる機会が多いのも魅力です。私は美術館開館準備室時代より勤務し、ふだんは学芸員として展示の企画や設営、作品の調査などを行うほか展示解説をしたりするとともに、ポーセラーツ体験のスタッフとしても活動しています。ポーセラーツは楽しく、気負わずに自分の思い描く世界をつくり出すことができます。物づくりを通して、みなさんとゆったり共有できる時間を楽しみにしています。

  1. 浮世絵の巨匠・歌川広重の専門美術館

    「広重美術館」は、『東海道五十三次』や『名所江戸百景』など、江戸後期の浮世絵師・歌川広重を専門に、約1500点もの作品を保有している美術館。浮世絵は保存状態を考えると、約1カ月以上の連続展示ができないデリケートなもの。そのため同館では毎月異なるテーマで作品をチョイス。全作品の中から約70点をピックアップして、限定展示しています。訪れるたび、違う表情の作品を楽しむチャンスが多いのも魅力です。

  2. アットホームな雰囲気のなかでポーセラーツを体験できる

    「ポーセラーツ」というと、手先の器用さやセンスが必要、というイメージがあるかもしれません。でも、広重美術館でポーセラーツ体験をする人のほとんどが初体験なのだそう。しかも利用者はお年よりから子どもたちまでと、幅広い年齢層。スタッフがその人のペースに合わせて、やさしくていねいに教えてくれるアットホームな雰囲気が魅力です。豊富に用意された折り鶴や、桜など和柄の転写紙を使って、マイペースで自分らしい作品を作り上げましょう。

  3. 天童観光の合間に立ち寄れる便利なロケーション

    山形県天童市は、将棋駒生産量日本一。そして、みちのくの旅情あふれる温泉でも知られる「将棋と、いで湯」の街です。将棋資料館などの見どころも多く、桃、さくらんぼ、ぶどう、りんごと四季折々のフルーツ狩りが楽しめるのも魅力。広重美術館は、山頂の展望広場から月山や朝日連峰、最上川などが一望できる「天童公園」や、「天童市将棋資料館」、温泉街にも、ほど近いロケーション。観光の合間や、温泉に浸かった後に浮世絵とポーセラーツが気軽に楽しめるのも魅力です。

おすすめプラン

1,900 円(税込)〜
  • 人気のポーセラーツに和柄を使って挑戦!
  • 歌川広重の貴重な作品が鑑賞できる
  • プレート、マグカップ、小物入れを用意