Wowful

  • TOP
  • 事業者一覧
  • イタリア家庭料理教室 Buon Appetito

イタリア家庭料理教室 Buon Appetito会社情報

(0件の口コミ)

カテゴリ
エリア
  • 宮城県 仙台市
Point!
  • 講師はイタリア全土20州で学んだ料理家
  • イタリア人も知らない「オタク」な料理と出会える日も
  • 調理の後は、食べて、飲んで、おしゃべりも楽しんで
阿部​ ​加奈子

「料理だけでなく、イタリアの食文化も伝えたい。だからこそ試食の時間を大切にしています」

最初にイタリア料理に魅せられたのは、学生時代にイタリアを旅行したときでした。学校を卒業後、会社員となりましたが、イタリア料理を現地で学びたいという夢を捨てきれずに退職し、イタリアへと渡りました。
最初に入った料理教室は観光客向けだったためすぐに辞め、フィレンツェの街中で道行く人に「イタリア料理を習いたい」と声をかけたのです。すると、2週間ほどして現地のレストランで料理長を務める日本人女性に出会い、教えてもらえることになりました。
その後、イタリアでできた友人に紹介していただいた、各地のレストランや一般家庭でさまざまな料理を学んできました。
そのなかで感じたのは、イタリアの人たちが心の底から食事を楽しんでいること。
この教室では料理だけでなく、肌で感じたイタリアの食文化も伝えるため、試食の時間を大切にしています。

  1. 講師はイタリア全土20州で学んだ料理家

    延べ1年半の料理留学から帰国した後も、毎年2回はイタリアに足を運んでいる阿部さん。毎回1カ月ほど滞在してイタリア各地の一般家庭を訪ね、マンマ(お母さん)からその家の味を学び続けています。そうしてこれまでにイタリアへと渡った回数は、約20回。イタリアにあるすべての州に足を運びました。「イタリアのマンマ料理はとっても大胆。細かく計ったりせず、混ぜるだけという品も少なくありません。あまり料理をしたことがない料理は苦手という方も、安心してご参加くださいね」と、阿部さんは笑顔を浮かべます。

  2. イタリア人も知らない「オタク」な料理と出会える日も

    阿部さんはイタリアの全20州を食べ歩き、各地の料理を学ぶ中で、イタリアの食文化を肌で感じてきたと言います。そんな彼女がレッスンで用意する月替わりのレシピは、定番から日本のイタリアンレストランではなかなかお目にかかれない珍しい料理まで、多種多様。月によっては、イタリア人にもあまり知られていない「オタク」な1品が登場する月もあるそう。「イタリアの空気感を感じてほしい」と、現地の調味料を用いることもありますが、身近で入手できる代替品もちゃんと教えてくれるので、実用的ですよ。

  3. 調理の後は、食べて、飲んで、おしゃべりも楽しんで

    教室名の「Buon Appetito(ボナペティート)」は、イタリア語で「よい食事を!」という意味。「テーブルを飾り、ワインとともに料理を味わい。たくさんおしゃべりするイタリアの人々のように、皆さんにも楽しく食事をしてほしい」。そんな思いから阿部さんは、レッスン後の試食時間に、かつて勤めていたワイナリーで醸されたワインを振る舞っています。またイタリアの友人たちから届く、現地の様子や流行している食材などの最新イタリア情報も話題として披露。なかにはイタリア旅行の前の、情報収集目的でレッスンに参加する人もいるそうです。

おすすめプラン

5,000 円(税込)〜
  • イタリアのマンマ直伝の料理を学ベます
  • 有資格者からオリーブオイルの知識も
  • 作った料理をワインとともに味わえます