Wowful

  • TOP
  • 事業者一覧
  • 天童焼若松窯

天童焼若松窯会社情報

(0件の口コミ)

エリア
  • 山形県 天童市
Point!
  • 電動ろくろを存分に使って、好きなものを自由に作れる
  • 天童焼をひとりでも多くの人に知ってもらうために
  • 里山の風景に囲まれて、土とふれあうひととき
寒河江 潤一

「温かみのある天童焼を、1人でも多くの人に知ってほしい」
 
当工房「天童焼 若松窯」では、のどかな里山の風景の中で、陶芸体験を楽しんでいただけます。平安時代の古窯群(こようぐん)が残る若松地区は、かつてこの地方有数の焼物の産地でした。いつしか焼物は焼かれなくなっていましたが、作陶(さくとう)に欠かせない土と水が豊かなことから、1980年に天童焼 若松窯を開きました。以来、益子焼の伝統技術に現代感覚を加え、日常の中で気軽に使える焼物を作り続けています。
温かみがあり、シンプルで料理が映える天童焼を、1人でも多くの人に知ってもらえるきっかけになればと、陶芸体験の場を設けました。電動ろくろのコースのほか、お子さまからご高齢の方まで気軽に楽しんでいただける、手びねりや絵付けのコースもご用意しています。旅の思い出として一生残る陶器作りのお手伝いをいたしますので、天童市を訪れられる際にはぜひお立ち寄りください。

  1. 電動ろくろを存分に使って、好きなものを自由に作れる

    「電動ろくろは難しそう」と感じている人も少なくないよう。こちらでは、体験前に電動ろくろの使い方などをきっちりレクチャーしてくれ、体験中はスタッフがサポートしてくれるので、初めての人も思い思いの器を完成させられます。また、「より多くの人に電動ろくろを体験してほしい」と願う寒河江さんは、8台もの電動ろくろを設置しています。そのため8人までのグループなら、「友達がやっているのを待っているのは退屈」などという寂しい思いをさせられることはありません。みんなで陶芸の楽しさを共有できるのも、うれしいですね。

  2. 天童焼をひとりでも多くの人に知ってもらうために

    かつて焼物の産地だったこの地ですが、天童の名を冠した焼物は今に伝わっていません。そこで、現在の場所に窯を開いた寒河江さんは、「天童焼」と命名しました。そのため新しい焼物である「天童焼を、全国の人に知ってもらえるきっかけになれば」と、陶芸体験教室をスタートさせました。また、隣接するギャラリーでは、数々の天童焼を展示しています。この地で採れる鉄分の多い土とオリジナルの白い釉薬(ゆうやく)が織りなす「若松ブルー」など、さまざまな趣の陶器をご覧ください。

  3. 里山の風景に囲まれて、土とふれあうひととき

    天童市の街中へと流れ下る倉津川。その支流に面してたたずむこちらでは、のどかな山里の風景に囲まれて、電動ろくろや手びねりによる器作りを体験できます。春はウメやカタクリの花を目に、夏は涼やかなせせらぎを耳にしながら、秋は山々の紅葉を眺めつつ。四季折々の自然の表情を楽しみながら、土とふれあえます。その粘土は、陶芸家の寒河江さんが体験用に調合したもの。滑らかで扱いやすいから、初めてでも思うままに作陶に親しめます。土に触れ、無から形を生み出す喜びを、体感してみませんか?

おすすめプラン

1,500 円(税込)〜
  • 絵・模様など、描くものは自由自在
  • 大切な記念や子どもの成長の記録にも
  • 陶芸家がきれいに描くコツも伝授
1,500 円(税込)〜
  • 1kgの粘土で自由奔放に手びねり体験
  • ベテラン陶芸家のていねいな指導
  • 焼成などは教室のスタッフにお任せ
3,000 円(税込)〜
  • 作陶歴40年以上の陶芸家が指導します
  • 3kgの粘土でいくつでも器を作れる
  • 7種の釉薬から、好きな色を選べる