Wowful

  • TOP
  • 事業者一覧
  • ニーウン・ペツ ガラス美術研究所

ニーウン・ペツ ガラス美術研究所会社情報

(0件の口コミ)

エリア
  • 北海道 北広島市
Point!
  • 廃校になった校舎を利用した、北海道のガラス工房
  • 色鮮やかなガラス作品が並ぶギャラリーも楽しめます
  • 併設のカフェで、ほっこりリラックスタイムを満喫
楠本 ゆみ

「一つひとつ表情の違うガラスの、豊かな色合いを味わってください」

この工房の体験プランに参加されるお客さまは、初めてガラス創作を挑戦される方がほとんど。慣れない作業の中、上手に作ろうとつい、そのことばかり考えてしまいがちですが、私はいびつな形になったものもそれぞれの作品の個性であり、味わいであると考えていますので、あえて手を加えないようにしています。だから、ただ見た目が整った作品を作ることだけを目指すのではなく、素材との出会いや創作中の発見を楽しんでほしいと思ってます。
そもそも私自身、初めてガラスにふれたのは、趣味作りのために参加したガラス制作体験でした。いざやってみると、ガラスの持つ魅力にどんどん引き込まれ、ついには当時勤めていた、大阪のグラフィックデザインの会社を退職。その後パートナーとともに、現在の工房を北海道で立ち上げました。
ガラスは食器や日用品など、生活に気軽に取り入れて、日常を鮮やかに彩ってくれるもの。そんなガラスの世界の魅力を多くの方々に伝えていきたいと思います。

  1. 廃校になった校舎を利用した、北海道のガラス工房

    ニーウン・ペツ ガラス美術研究所は、周りを桃畑に囲まれた自然豊かな場所にあるガラス工房です。「ニーウン・ペツ」とは、アイヌ語で「木が多く茂る川のほとり」という意味だそうですが、なぜこの名前を付けたかというと、元々は仁別(ニベツ=ニーウンペツ)という場所で、廃校になった小学校を利用して、工房を構えていたことに由来しているのだとか。その後、北海道札幌市に隣接する北広島市の輪厚(ワッツ)に、その小学校を移築するという形で引越しをして、現在に至ります。北海道の自然も感じられる、趣きある工房で、ガラス細工の創作に没頭してみませんか。

  2. 色鮮やかなガラス作品が並ぶギャラリーも楽しめます

    ガラス工房内にはギャラリーが併設されていて、作品の展示・販売も行っています。体験が始まる前に早めに訪れて、どんな作品を作るかの参考にさせてもらうのもよいかもしれません。もちろん体験後にゆっくりギャラリーを眺めながら、お買い物を楽しむのもOKです。なかでも人気のアイテムはというと、普段使いできるガラスのコップ。鮮やかな柄のものから、繊細なフォルムが特徴的な作品まで、そのバリエーションはさまざまです。

  3. 併設のカフェで、ほっこりリラックスタイムを満喫

    ギャラリー内には「ニーウン・ペツ カフェ」というカフェスペースもあって、ゆっくりと食事やティータイムも楽しむことができます。特にオリジナルブレンドのコーヒーは、訪れた際にはぜひ味わっていただきたい、こだわりの一杯。また、カレーをはじめオムライス、ピザ、さらにはデザートまで、食事メニューも非常に充実しています。豊かな自然に囲まれながら、ゆったりとくつろげるカフェスペースは、プラン体験前後にぜひ利用したいですね。

おすすめプラン

1,620 円(税込)〜
  • 6種類のアイテムからお好みを選べます
  • ガラス職人が直接、制作指導してくれます
  • 森の中のかわいい工房でガラス体験
3,240 円(税込)〜
  • 30分で完成!旅行中の隙間時間に最適
  • ベテランのガラス職人と一緒に制作
  • 森の中のかわいい工房でガラス体験