Wowful

  • TOP
  • 事業者一覧
  • 喫茶去庵

喫茶去庵会社情報

(1件の口コミ)

カテゴリ
エリア
  • 奈良県 奈良市
Point!
  • 未経験者から経験者まで茶道を堪能! 多彩なプラン数
  • 明治時代に創設された「立礼式」の体験可能
  • 古都らしい魅力溢れる“ならまち”。至福のひとときを
平野 重夫

「東京出身ながら古代史好きが高じて奈良に移住。茶の湯体験を広めたいと喫茶去 庵(きっさこ あん)を始めました」

私は東京出身で元は会社員だったのですが、大阪に転勤になった時、古代史が好きだったので奈良に引っ越すことにしたんです。それからは、休みのたびに平城京の発掘現場に行ったり、飛鳥・吉野などの古墳や神社仏閣を巡ったりしていました。すると、ますます奈良の魅力のとりこになりました。
発掘現場で見た、古墳時代に朝鮮半島から伝わった土器である須恵器(すえき)を通じ、茶器や茶道に興味を持つようになりました。40歳で裏千家(うらせんけ)に入門。「いろいろな方に気楽に茶道文化に触れていただきたい」と、2010年「喫茶去 庵」をオープンしました。
「喫茶去 庵」の“喫茶去(きっさこ)”というのは禅語で、「お茶でもどうかな」という意味といわれてます。そうした世界観も含めて「皆さまに気軽にお茶に親しんでいただける場になれば」との願いを込めました。
体験では、椅子に座って茶道を体験できる「立礼式(りゅうれいしき)」や、お客さまご自身がお茶を点てることができる体験など、豊富な6プランを用意しております。
英語対応も可能ですので国籍を問わず、1人でも多くの方に気軽に、茶道をたしなみにいらしていただきたいです。

  1. 未経験者から経験者まで茶道を堪能! 多彩なプラン数

    喫茶去庵で体験できるのは、気軽に参加できる「薄茶(うすちゃ)」体験や本格的な茶道を体験できる「濃茶(こいちゃ)」プランなど全部で6プラン。豊富に取りそろえているので、目的に合わせて選択してください。
    亭主のお点前(てまえ)をいただきお茶とお菓子を楽しむだけではなく、お茶を点てるなど茶道の一連の作法も体験できますよ。「ちょっと茶道を体験してみたい」という未経験者から経験者まで、幅広く楽しめます。

  2. 明治時代に創設された「立礼式」の体験可能

    喫茶去庵では、椅子に座って茶を楽しむ「立礼式」を体験できます。「立礼式」とは茶道の一種で、椅子を使う時代の流れに伴い創設されたとか。明治時代初期の激動の時代に、茶の湯の異端児・革命児とも呼ばれた11代 精中宗室(せいちゅうそうしつ)家元、玄々斎(げんげんさい)が試みたといわれています。立礼式は、正座が苦手な人でも気軽に体験できますので、外国人のアテンドにもおすすめです。

  3. 古都らしい魅力溢れる“ならまち”。至福のひとときを

    日本の歴史と文化が詰まっている奈良は、数えきれないほどの魅力があります。桜の名所として名高い吉野山、法隆寺がある斑鳩(いかるが)の里、国内最大級の石舞台古墳(いしぶたいこふん)など、世界遺産や文化財をあげればキリがないほど。
    古都らしい魅力に溢れている奈良市の都市景観形成地区である「ならまち」。一歩足を踏み入れただけで心が安らぎ、郷愁にどっぷり浸かることができる町です。このならまちの一角にある喫茶去 庵でお茶をたしなみながら、古都・奈良の悠久の文化に浸ってみませんか。

おすすめプラン

2,000 円(税込)〜
  • 奈良町で茶会! 本格的な茶道を体験
  • 日本の美徳。和の所作や空間って最高!
  • 薄茶を味わう! 深まる茶道への好奇心
2,800 円(税込)〜
  • 貴重な濃茶! 人気の奈良町で体験
  • 抹茶(濃茶)のいただき方を学べます
  • 茶道から知る、日本文化の奥深さ
1,500 円(税込)〜
  • カジュアルにできる茶道体験ならコレ
  • 茶会の作法はしっかりと! 茶道具も素敵
  • 粋なティータイム! 女子旅やデートにも