Wowful

  • TOP
  • 事業者一覧
  • 中込農園

中込農園会社情報

(0件の口コミ)

エリア
  • 山梨県 南アルプス市
Point!
  • 桃だけでも30種類以上!さまざまなフルーツを収穫しよう
  • 年間何度来ても、旬の果物を味わえます
  • 海外からの観光客も多いグローバルな雰囲気
中込 一正

「中込(なかごみ)農園」は、フルーツ王国・山梨にある南アルプスエリアではトップクラスの耕作面積と果物の品種を誇る農園として、国内のみならず、海外からも多くの方にお越しいただいております。周辺は富士山、富士五湖、八ヶ岳、南アルプスの山々に囲まれ、絶景を満喫しながら、フルーツ狩りを楽しむことができるのも魅力の1つです。
収穫できる果物も数多く栽培しており、さくらんぼ、桃、プラム、スイートネクタリン、プルーン、ぶどう、梨、甘柿、りんごなど9種類にもおよびます。シーズンによっては、同時に2種類以上の果物を収穫して味わえる贅沢なフルーツ狩りセットもご用意しておりますので、ぜひお楽しみいただけたらと思います。
また当園の最大の特徴は、世界各国から観光客や学生を受け入れ、フルーツ狩りのみならず、ファームステイ(農業体験)も提供していることです。その数、年間1,000人以上にのぼり、日本文化に欠かせない「ものづくり」への想いを彼らに伝えています。ジューシーなフルーツの味わいのみならず、インターナショナルな雰囲気を楽しめる「中込農園」にぜひ足をお運びください!

  1. 桃だけでも30種類以上!さまざまなフルーツを収穫しよう

    4ヘクタール以上ある広大な土地には、9種類というバラエティに富んだ果物が栽培され、さらには種類ごとにさまざまな品種を手がけているという「中込農園」。通常、梅雨明けの7月中旬から8月下旬が完熟のおいしい桃がいただける時期だといわれていますが、この農園では6月初旬から8月下旬、年によっては9月上旬までという長期間、バランスよく熟れた桃を採ることができます。その秘密は、なんといっても栽培している品種の多さにあります。品種ごとに食べ頃を迎える時期が若干異なることから、熟れるのが早いものから遅いものまでを順次収穫できるよう、スケジューリングを工夫しています。時期をずらして訪れれば、さまざまな品種の桃狩りを楽しめるのが魅力です。

  2. 年間何度来ても、旬の果物を味わえます

    「中込農園」では、6月初旬のさくらんぼ狩りに始まり、12月のりんご狩りまで約7カ月もの期間フルーツ狩りが楽しめる、全国でも稀少な農園です。果物には旬があるため、どうしても時期が限定されてしまいますが、この農園であれば、長い期間その季節の旬の果物を最高のコンディションで味わうことができます。シーズンに何度訪れても、今食べ頃のフレッシュなフルーツを手にとり、食べることができるので、リピーターになる人も多いそうです。

  3. 海外からの観光客も多いグローバルな雰囲気

    インターネットが普及してまもない約20年前、なんと英語版のホームページを立ち上げたという中込さん。現在大学で講師も務めているほど英語に堪能なこともあり、農園の利用方法や各都市からの交通案内、さらには富士山などの観光案内まで、外国からの旅行者には必要な情報をすべて掲載したそう。その結果、世界各国からさまざまな方がこの農園を訪れ、フルーツ狩りのみならず、農場体験もされているそうです。そんな多国籍な雰囲気が漂う「中込農園」では、ほかではなかなか味わえないインターナショナルな時間を過ごせるかもしれません。

おすすめプラン

1,500 円(税込)〜
  • 観光のスキマ時間にサクッと体験
  • もぎ取り放題、食べ放題の1時間
  • 品種が多く、長期間収穫を楽しめます
2,000 円(税込)〜
  • 時間や個数も気にせず思う存分味わう
  • 南アルプスの絶景を眺められる環境
  • 品種が多く、長期間収穫を楽しめます
1,000 円(税込)〜
  • 「伊豆柿」と「富有柿」をたっぷりと!
  • お土産に、獲りたて柿&旬のフルーツを
  • 全天候型、雨の日も柿狩りができます