Wowful

  • TOP
  • 事業者一覧
  • バトルスポット

バトルスポット会社情報

(0件の口コミ)

エリア
  • 千葉県 千葉市
Point!
  • 親切丁寧な接客
  • 気軽にサバイバルゲームを楽しめる
  • 細部まで作り込まれた2つのバトルフィールド
木村 城

「株式会社ヒューマックスエンタテイメント」が運営するレジャー施設「CROSP(クロスポ)」の主任を務めています。前職では建築会社でビルなどの設計を行なっていました。建築からレジャーを運営する会社への転職は意外と言われますが、その理由はアルバイト時代にあります。
接客業に従事していた時に感じた、お客さまとの距離感。建築会社では感じられない、よりお客さまに密接な距離でサービスを行いたいという思いから転職を決意しました。「株式会社ヒューマックスエンタテイメント」は、まさにお客様との距離が近いエンタテイメント企業だったのです。
現在、クロスポ内のサバイバルゲーム事業「Battle Spot(バトルスポット)」を統括しており、日々店舗全体の経営、数値管理、運営戦略等を行っています。また転職を決意した際に、最重要と感じていた親密な接客サービスは、全スタッフに浸透させており、丁寧・親切な接客を心がけています。

  1. 親切丁寧な接客

    和気あいあいと楽しめる環境づくりが「バトルスポット」最大の魅力。スタッフから積極的にお客さまに話しかけ、コミュニケーションをとっているそうです。また、銃の扱い方、弾の込め方、ゴーグルやフェイスマスクの重要性など、サバイバルゲームをする上で必要な知識やテクニックを丁寧にレクチャーしてくれます。初心者だけでなく、経験者にはよりコアなレクチャーをしてもらえるとのこと。未経験者も経験者も「Battle Spot(バトルスポット)」で、サバイバルゲーム講座を受けてみては?

  2. 気軽にサバイバルゲームを楽しめる

    「バトルスポット」の特徴は何といっても、体験料金の安さにあります。サバイバルゲームは必要なものが多くて、レンタル品も高く、気軽に挑戦しづらい印象があります。しかし、バトルスポットでは、他のバトルフィールドと比べ、半額以下で遊ぶことができるんです。サバイバルゲームは装備をそろえるだけで、5万円以上かかることもしばしば。フルレンタルでも1回プレイするのにかかる費用は1万円程度かかることも。しかし、バトルスポットでは、他サバイバルゲームフィールドと比較して、半額以下と格安。レンタル品が安いので、道具を持たない初心者にとって、特に優しい価格設定になっています。また、利用時間に合わせてパックを選べるため「体力に自信がない」「初心者で様子を見たい」「ちょっとだけ遊びたい」という時には、3時間パックや5時間パックを選ぶことができます。

  3. 細部まで作り込まれた2つのバトルフィールド

    サバイバルゲームフィールドの面白さを加速させる要素は世界観です。さながら戦場のようなフィールドや、ゲームの中に入り込んだかのようなフィールドこそ、サバイバルゲームの臨場感・ワクワク感を増幅させます。バトルスポットは「市街地」と「遺跡」の2つのフィールドがあり、どちらも大手レジャー運営会社が運営しているからこそ、安全かつハイクオリティ。「市街地」では廃車と化したジープ、危険薬物が入っていそうなドラム缶、無作法に組まれた鉄パイプ、爆撃を受けたかのように半壊した壁などが、中東の戦地のような雰囲気を醸し出しています。「遺跡」では、「遺跡に隠された怪しい研究所」というコンセプトの通り、巨大な遺跡のオブジェ、宝を守る死者、陰鬱とした手術室、怪しく光る祭壇の骸骨、遺跡に似つかわしくない近代的な研究室などが、想像力をかきたてます。

おすすめプラン

16,000 円(税込)〜
  • サバゲー貸し切りプランを格安で!
  • 屋内フィールドでサバゲーを体験
  • 本格的な世界観を体験できます