Wowful

  • TOP
  • 事業者一覧
  • プロデザイン書道家と書道体験 - Beauty of Japan

プロデザイン書道家と書道体験 - Beauty of Japan会社情報

(0件の口コミ)

エリア
  • 東京都 中央区
Point!
  • 第一線活躍中のプロから教われるデザイン書道の楽しさ
  • 魔法の手が生み出す美しい文字!間近でプロの技が体感できる
  • 足のしびれとは無縁!ゆったりチェアでゆるりと書道
星野 友梨子

いとこが先に通っていた書道教室に、母に連れられて行ったのが6歳の頃。以来大学まで書道を続けていましたが、だんだんと型にはまった書道に窮屈さを感じるように。その後はバンケットコーラスやアパレル関係など全く畑違いの職を経て、保育士になりました。だけど、書道から離れて過ごした時間は、自分にとっての書道を見つめ直すいい機会になり、より自由なデザイン書道の世界を知って夢中になっていきました。2011年頃に上京し、保育士を続けながらワークショップを開くように。そんな活動の中で少しずつお仕事をいただけけるようになり、現在に至ります。
一般的な書道に比べると、とても自由度が高いのがデザイン書道。一方で、クライアントのニーズに合った書を書かなればプロとは言えません。ですが、この書道体験教室では「プロ」デザイン書道ではなく、自由なデザイン書道の楽しさを味わえる体験を提供しています。だから私自身、初心に返って自由なデザイン書道の楽しさを改めて感じられる場でもあり、そんな思いをみなさんと共有できればうれしいですね。

  1. 第一線活躍中のプロから教われるデザイン書道の楽しさ

    本プランでデザイン書道を教えてくれる「星野 友梨子(ほしの ゆりこ)」先生は、プロデザイン書道界の第一線で活躍中の書道家です。2016年には『火花』(又吉直樹原作)英語圏プロモーション動画用テロップ制作や、第18回日本デザイン書道大賞優秀賞を受賞という実績の持ち主。TVのバラエティ番組の迫力ある筆文字テロップや、漫画のタイトル文字、食品パッケージの商品名まで、あらゆる場所でその作品を目にすることができる活躍ぶりです。日本デザイン書道作家協会の副理事も兼務。そんな圧倒されるほどの肩書きとは裏腹に、とてもユーモアがあり気さくな先生の教室では、終始笑顔が絶えません。本プランでは外国人観光客に教えることも多く、筆を持つことすら初めての彼らにもデザイン書道を楽しんで欲しいと、教え方にも日々工夫を重ねています。プロとしての実績と情熱、誰からも親しまれる人柄を兼ね備えた星野先生だから、初心者でも「上手く書けない」ことを恥ずかしがらず、きっとデザイン書道の楽しさに目覚めさせてもらえますよ!

  2. 魔法の手が生み出す美しい文字!間近でプロの技が体感できる

    デザイン書道にはお手本がないから、まさにゼロからの創造といえます。真っ白の半紙に、自分の頭の中にしか存在しないイメージがアウトプットされていく瞬間。デザイン書道教室では、講師の星野先生のそんな瞬間に立ち会うことができるんです。会話している時は終始笑顔の絶えない、本当に気さくな星野先生。そんな星野先生が筆を持った瞬間、表情に変化が。書き直しのできない書道ならではの心地良い緊張感の中、その手から魔法のようにサラサラと、ためらいなくしたためられていく文字の数々。何気なく書かれた丸が、既に美しい。星野先生がそんなふうに美しい文字を生み出していく様子は、もはや一流のパフォーマンス。見ているだけで自分も思わず書いてみたいと素直に思えてきます。教えながら書いてもらうだけでなく、お土産に星野先生の書を色紙に書いてもらうことができます。ぜひこの機会にプロの技を体感してみましょう!

  3. 足のしびれとは無縁!ゆったりチェアでゆるりと書道

    デザイン書道体験教室は、都営浅草線「宝町駅」、東京メトロ「新富町駅」から徒歩で約4分。JR「八丁堀駅」からも徒歩で約6分というアクセス抜群の好立地。周囲はショッピングモールや商業施設のない、オフィスビルの立ち並ぶ落ち着いた環境です。そんなオフィスビルの1室で提供される書道体験は、和室で畳に正座するスタイルではありません。長時間座っても疲れ知らずのゆったりオフィスチェアで、足のしびれと戦うことなく、ゆるりと書道が楽しめる洋風スタイル。だから正座が苦手で書道にチャレンジできなかった人も、気軽にトライできますね。半紙の白、墨の黒に、モダンでスタイリッシュなオフィスチェアの赤が映え、和洋折衷アートな空間でしたためる書は、きっとあなたの個性がのびやかに表現された素敵なデザインにになることでしょう。

おすすめプラン

11,300 円(税込)〜
  • お手本不要だから初心者も楽しめる!
  • 墨をする音と香りに心落ち着くひととき
  • 色紙に書いてお土産に持ち帰れる