Wowful

  • TOP
  • 事業者一覧
  • Survival Game Field CIMAX

Survival Game Field CIMAX会社情報

(0件の口コミ)

エリア
  • 千葉県 印西市
Point!
  • サバゲー好きの聖地!リピーターが集まる理想の空間
  • 初めてでも安心!ルールや扱い方を講習で伝授
  • アクセス良好&手ぶらOKなので誰でも参加しやすい!
新徳 一人

「自然の中で行なう“本当のサバイバルゲーム”を味わってほしい」

「サバイバルゲームフィールド シマックス」(以下シマックス)は2008年にオープンしました。私はもともとインターネットのシステム関連の仕事をしていたのですが、その時にサバゲー関連のホームページを制作する仕事があり、その縁で「空いた土地にサバゲーのフィールドを作りませんか?」という話を持ち掛けられ、「それならやってみよう!」ということで始めたんです。
当初、この場所は人が歩けないほど木が生い茂っていたので、木を切り倒すところからスタートしました。水道や電気などのインフラもゼロの状態から整備して何とかオープンにこぎつけましたね。うちはオープン当初からお子さま、女性客大歓迎だったので、今では幅広い層のお客さまに利用いただいています。
「シマックス」では、屋外の自然の中で行なう“本当のサバイバルゲーム”の醍醐味が味わえるはずです。レンタル品や販売品も充実しているので、初心者の方も手ぶらで気軽に足を運んでください!

  1. サバゲー好きの聖地!リピーターが集まる理想の空間

    「シマックス」は2008年オープンのサバゲーフィールド。週末になればサバゲー好きの“なじみの顔”が自然と集まってきます。リピーターが多いということは、それだけ満足度が高いという証拠。リピーターだけでなく、新規のお客さま同士の交流も盛んで、マガジン(弾倉)などの装備を貸し合ったり、不要な装備を売買できるフリーマーケットが開催されたり、情報交換が行なわれたりと、フィールドがコミュニティとしても機能しています。

  2. 初めてでも安心!ルールや扱い方を講習で伝授

    「シマックス」では定例会(毎週日曜に行われるシマックス主催のサバゲー大会)の際に初心者向けのサバゲー講習会も実施しています。例えば、被弾した時に必ず「ヒット!」と叫ぶサバゲーの基本的なルールはもちろん、相手の姿を確認せずに銃を撃つ“ブラインド・ファイア”、退場中に敵の位置を味方にアドバイスする行為など、サバゲーを楽しむために覚えておくべきフィールド内外での禁止事項の説明は必ず行なわれます。
    また、マガジンの付け外しや銃の構え方、的の狙い方など、初心者でもすぐに銃が扱えるようにアドバイスもくれます。「シマックス」の広大なフィールドを案内してもらうこともできるので、どこがゲームのポイントになるのか、どう動けばヒットできるのかなど、積極的にスタッフに聞いてみましょう。

  3. アクセス良好&手ぶらOKなので誰でも参加しやすい!

    「シマックス」は首都高速湾岸線を使えば、都内からでも1時間半で到着できるアクセスのよさが魅力。施設内には100台以上停められる駐車場もあるので、混雑を気にせずに訪れることができます。また、定例会の開催日には予約制の送迎バスも運行しています。送迎バスは京成電鉄本線「京成臼井駅」から乗車可能なので、車がない人でも気軽に足を運べますよ。
    レンタル装備も充実していて、銃、ゴーグル、迷彩服は常時100セットが用意されています。そのほかにもブーツ、キャップ、ニーパッドのレンタルが可能です。さらに、BB弾やBBガスといったサバゲーには欠かせない消耗品、虫よけスプレーやタオルも販売されているので、手ぶらで参加することも可能です。

おすすめプラン

3,000 円(税込)〜
  • 参加人数が多いので迫力満点のバトルが楽しめる!
  • 地形の起伏を生かした関東最大級のフィールド
  • 飽きることなく楽しめる豊富なゲームプラン
20,000 円(税込)〜
  • 友人たちと気兼ねなくサバゲーが楽しめる!
  • サバゲーから撮影会まで使用用途は自由!
  • 起伏に富んだ関東最大級の広大なフィールド