Wowful

  • TOP
  • 事業者一覧
  • 屋形船 山田屋

屋形船 山田屋会社情報

(0件の口コミ)

エリア
  • 東京都 墨田区
Point!
  • 斬新なアイデアと下町らしいおもてなしが好評!
  • 11ヵ所もの船着場から、予定に合わせて乗船場所を選べます
  • 家族経営ならではの温かな心遣いに、地方にもファンが!
尾身 浩之

「山田屋」は現在の住所地に、昭和元年、初代・山田 初次郎が釣り船屋を創業し、屋形船は昭和62年に、義父で3代目の山田 勝己が始めました。 3代目・山田 勝己が屋形船事業を運営してきましたが、病に倒れ、当時JALグルー プで整備の仕事をしていた、私が手伝うことになりました。 家業の廃業と会社の退職を選択しなければならなくなり、「山田屋」の暖簾を下ろすのは先代に申し訳なく、最後には屋形船を選びました。会社に勤めていた整備の経験と技術のおかげで、大体の屋形船の整備は自社整備(保守整備)で行うことができているので、 自分を育ててくれた会社には本当に感謝しております。おかげさまで、今日も旅客輸送の安全運航に努めています。

お客さまの喜びに直接触れられるこの仕事は、とてもおもしろい。お客さまに喜んでいただくこと、「屋形船 山田屋」を守ることが私のやりがいです。お客さまの笑顔を思い浮かべながら、喜んで頂けるサービスが提供できないかと、試行錯誤することが好きです。また、お客様に助けられ、育ててもらいながら屋形船を続けて頂けていることを、とてもありがたく思っています。これからも、 同業者の組合と若い経営者仲間たちと、ともにアイデアを出し合い、業界全体が発展していけるよう努めていきたいと思います。

  1. 斬新なアイデアと下町らしいおもてなしが好評!

    「屋形船 山田屋」4代目の尾身さんは、お客さまに楽しんでいただけるような企画がどんどん湧いて出てくるアイデアマン! 「屋形船 山田屋」では、シーズンごとに楽しめるプランやオプションメニューを豊富に用意しています。お花見や花火大会、ハゼ釣り、陶板焼き、人力車送迎、振袖さんなど、他にもお客さまの思い出作りのお手伝いのため、相談すれば一生懸命頑張ってくれますよ。 なかでも人気が高いのが、「言問だんご」のお土産です(言問団子桟橋の利用時のみ)。幕末に誕生した言問だんごの味は、地元の方も唸るほどの逸品。こうした粋なおもてなしの数々に、「屋形船 山田屋」のリピーターになる人も多いのだとか。下町、浅草の人情味あふれるサービスをぜひ体感してください!

  2. 11ヵ所もの船着場から、予定に合わせて乗船場所を選べます

    「屋形船 山田屋」の特長の1つが、出船場所をなんと11カ所も用意しているということ。浅草からなら、「言問団子桟橋」「吾妻橋船着場」「桜橋防災船着場」「二天門船着場」の4つの中から乗船場所を指定できます。ほかは、築地に近い「聖路加ガーデン前発着場」「朝潮小型船乗り場」、両国国技館の目の前の「両国船着場」、新小岩に近い「平井水上ステーション」、門前仲町に近い「越中島乗船場」、堀切菖蒲園に近い「堀切菖蒲園船着場」、八広の「山田屋桟橋」の7つ。最寄りの観光地から、好きな乗船場所を自分で選べるのはうれしいですね!(プランによって乗船できる船着場は異なります)。これからも、利用できる乗船場所を増やして行きたいと考えているそうです。

  3. 家族経営ならではの温かな心遣いに、地方にもファンが!

    寒そうにしているお客さまにさりげなく膝かけを貸し出すなど、家族経営だからこそできる細やかな気配りも、「屋形船 山田屋」の魅力の1つ。常連さんの中には、地方からやって来る人も多いそうで、そういった方々の、「また来るよ」「来年も頼むね」と喜んで下船する姿を見ることが、尾身さんにとってはなによりの原動力であり、活力なのだとか。「屋形船 山田屋」の屋形船に乗船すれば、きっと誰もが温かい気持ちになって、またここを訪ねたくなるはず。

おすすめプラン

10,800 円(税込)〜
  • 船上から東京の新鮮な景色を楽しめます
  • ”おもてなし”の心が行き届いた料理
  • 浅草名物!デンキブランが飲み放題
10,800 円(税込)〜
  • 手ぶらでハゼ釣りが体験できます
  • 絶品の揚げたて天ぷらを味わえます
  • 船上から東京の新鮮な景色を楽しめます