Wowful

  • TOP
  • イベント情報
  • アート
  • 関東
  • 東京都
  • レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル

レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル見どころ

2017/11/18(土)~ 2018/4/1(日)10:00~22:00 ※火曜日のみ17:00まで

東京都/六本木

一般 1,800円
電話番号03-5777-8600
住所東京都港区六本木6-10-1
六本木ヒルズ 森タワー53階
森美術館

※掲載されている情報は最新の情報では無い可能性があります。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

不思議な光景に常識が揺さぶられる! レアンドロ・エルリッヒの展覧会

不思議な光景に常識が揺さぶられる! レアンドロ・エルリッヒの展覧会

レアンドロ・エルリッヒは、国際的に活躍するアルゼンチン出身の現代アーティストで、日本では「金沢21世紀美術館」に設置されている『スイミング・プール』の作家として、広く知られています。「森美術館」では、エルリッヒの25年にわたる活動の全容を紹介する個展を開催。会場には、視覚的な錯覚や音の効果を用いた、大型のインスタレーションや映像が展示されます。作品のモチーフは、一見どこにでもある見慣れた風景なのに、よく見ると、人々がさまざまなポーズで壁に張り付いていたり、水がないのに舟が浮かんでいたりと、異様な光景ばかり。不思議な作品は、自分が見ていることは果たして現実なのか、視覚の曖昧さ、不確実さを訴えかけます。参加型のアートもいくつかあり、実際に作品の中に入ることも可能。奇妙な空間で過ごせば、いつも当たり前と信じている景色が違って見えてくるかも。不思議と驚きに満ちた作品を、ぜひ体感してみてください。

見どころ

  • 日本初公開作品も登場! エルリッヒ作品の不思議な世界を堪能しよう

    日本初公開作品も登場! エルリッヒ作品の不思議な世界を堪能しよう

    今回の展覧会では、数あるエルリッヒ作品のうち1995年に制作された初期の作品から、新作までを網羅的に紹介。エルリッヒの25年にわたる活動の全容に迫ります。出展作品約40点のうち、その8割が日本初公開。今まで見たことのない、エルリッヒ作品の新たな魅力に出合えるかも。日本初公開作品のなかでも、特に印象的なのが2014年に制作された『反射する港』。一見すると、手漕ぎ式のボートが、水に揺られながら漂っているように見えます。しかし、そこには水はなく、水面に映っているかのような反射イメージも、ボートと同じ素材でできた立体物。水面はないと分かっているのに、まるで水面を見ているかのような不思議な気持ちになる作品です。

  • 奇妙な空間が体感できる! 体験型インスタレーション作品も多数展示

    奇妙な空間が体感できる! 体験型インスタレーション作品も多数展示

    会場にはインスタレーション作品も多くあり、エルリッヒ作品として有名な『建物』も新バージョンで登場。建物のファザード(壁面)が床に横たわったアートで、寝転がると自分の姿が天井の鏡に映し出されます。重力に逆らって、壁にぶら下がっているように見える面白い作品をぜひ体験してください。ほかにも、今回の展覧会のために制作された新作『精神分析医の診察室』も見どころの1つ。少子化や地方の過疎化のため、廃校となった学校の教室が舞台となっています。ガラスの仕切られた2つの部屋の一方に入ると、ガラスに自分の姿がうっすらと映り込み、まるで亡霊となった自分がもう一方の廃墟と化した教室にいるかのよう。廃墟に立つ自分と、廃墟の亡霊となったもう1人の自分が存在する、奇妙な世界が待っています。

  • 新しい見方を与えてくれる刺激的な作品をじっくり鑑賞しよう

    新しい見方を与えてくれる刺激的な作品をじっくり鑑賞しよう

    不思議で奇妙な空間を提示するエルリッヒの作品は、私たちが普段疑いもせずに当たり前だと受け止めている現実に疑問を投げかけます。2008年に制作された『試着室』は、まるで迷路のような体験型のインスタレーション。中に入ると、前方と左右に姿見があり、合わせ鏡のようになっています。しかし、自分の姿は姿見には映らず、代わりにあるのはどこまでも続く試着室のみ。試着室の中を彷徨ううちに、自分が鏡の外と内のどちらにいるのか、自己と他者の区別さえも曖昧になっていくような感覚が味わえるはず。ほかの作品もあわせて体験することで、習慣や既成概念にいかに自分の見方に影響を与えているかが実感でき、今までとは違った新しい見方が見えてくるかも。

  • 日本で有名な人気作品『スイミング・プール』の模型も登場

    11月18日(土)~ 2018年4月1日(日) にかけて開催される、「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」。エルリッヒは、「金沢21世紀美術館」に恒久設置された人気作品『スイミング・プール』の作家としても知られています。『スイミング・プール』は、水が流れる壁を通して、プールの中から見ればプールを覗く地上の人間を、地上から見下ろせばプールの中にいる人を見ることができる体験型インスタレーション作品。今回の展覧会では、『スイミング・プール』のプロトタイプ模型と写真が展示されます。話題の作品がどうやって作られたのかを知る、またとない機会をお見逃しなく。