Wowful

  • TOP
  • イベント情報
  • その他季節の行事・イベント
  • 関東
  • 東京都
  • ロハスフェスタ東京 2017

ロハスフェスタ東京 2017見どころ

2017/9/16(⼟)〜9/18(祝・月)10:00〜17:00

東京都/光が丘

入場料350円
電話番号06-6338-0641
住所東京都練馬区光が丘4-1-1
光が丘公園 芝生広場

※掲載されている情報は最新の情報では無い可能性があります。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

おしゃれに楽しくエコを実践! ピクニック気分でお出かけしよう

おしゃれに楽しくエコを実践! ピクニック気分でお出かけしよう

9月16日(土)〜9月18日(月・祝)の3日間にわたり、「ロハスフェスタ」が行なわれます。“LOHAS(ロハス)”とは、「健康と持続可能な社会に配慮したライフスタイル」という意味で、自分の生活を豊かにしながら、無理なくエコな暮らしを目指す考え方のこと。「ロハスフェスタ」は、このロハスの考え方を基に、「おしゃれに楽しく身近なことから取り入れて、エコを実践すること」をコンセプトに開催。会場には、こだわりの雑貨や家具、体に優しい食材で作ったフードやスイーツを味わえる店が並びます。芝生の上でのんびりご飯を食べると、心も体も元気になりそう。ピクニック気分で、楽しくロハスな生活を体験できるイベントです。

見どころ

  • こだわりの雑貨や家具がずらり! お気に入りのアイテムを見つけて

    こだわりの雑貨や家具がずらり! お気に入りのアイテムを見つけて

    2006年からスタートし、東京では9回目の開催となる「ロハスフェスタ」には毎年多くの店が登場します。会場には、手作りの洋服やアクセサリーをはじめ、家具や観葉植物といったさまざまなこだわりの品を販売する店舗がずらり。手作りの品は、それぞれ少しずつ色や形が違っていてどれも一点モノばかり。じっくりと巡れば、お気に入りのアイテムがきっと見つかるはず。使わなくなった資材などを利用して作られた品もあり、おしゃれしながらエコにつながる買い物が楽しめるのも、イベントならではの魅力です。ほかにも、採れたての野菜やこだわりの素材で作った加工食品なども販売されているので、今夜のおかずを考えながら食材を探してみては。

  • マイ食器を持参して、体に優しいフードやスイーツを味わおう

    マイ食器を持参して、体に優しいフードやスイーツを味わおう

    健康的な食材から作られたフードやスイーツを味わえるのも、楽しみの1つです。昨年は、人気のアジア料理や食べ応え十分の大きなハンバーガーを提供する店や、今話題のかき氷の店などが出店。出来立てのおいしいフードを、多くの人が楽しみました。
    また、これまでは環境に配慮し、洗って何度でも使える専用のリユース食器が用意されていて、利用者は食べたら洗って返していました。しかし、今回からレンタルリユース食器が廃止され、会場内の飲食ブースで使用可能な食器は、マイ食器のみとなります。食事を楽しみたい人は、家から洗って使える食器を持って行きましょう。忘れてしまった人のために、会場内ではリユース食器の販売も行なわれています。

  • テントを広げてもOK! イベントや食事を楽しみながらリフレッシュ

    テントを広げてもOK! イベントや食事を楽しみながらリフレッシュ

    毎年「ロハスフェスタ東京」の会場として使用される、「光が丘公園 芝生広場」はとても広く、緑いっぱいの公園です。木陰でテントやレジャーシートを広げたりと、参加者はみんな思い思いに過ごしています。ステージでは、ダンスや歌などのパフォーマンスやヨガの体験教室などが開かれているので、気になるイベントがあれば覗いてみては。都会の喧騒を忘れさせてくれる開放的な会場で、絶品グルメを食べたり、芝生の上で休憩したりと、のんびり過ごせば身も心もリフレッシュできるはず。大切な人や仲間と一緒に、体に優しいロハスな時間を過ごして。

  • ワークショップに参加して、ロハスな暮らしを生活に取り入れよう

    ロハスとは「健康と持続可能な社会に配慮したライフスタイル」という英語の頭文字を取った、略語の“LOHAS”のこと。自分の体や心にいいことは、地球にも優しいことなのでは? という考え方を基本にしたライフスタイルを指します。日々の暮らしの中で「安ければいい」「便利がいちばん」といった考え方ではなく、こだわりを持って心豊かに暮らすこと。「ロハスフェスタ」は、ロハスの考え方をおしゃれに楽しく実践する方法を伝えるために、2006年からスタートしました。会場では、かわいい雑貨やおいしいフードを販売する店があるほか、リース作りなど楽しい体験ができるワークショップも行なわれています。ぜひワークショップにも参加して、ロハスな暮らしをより深く体験してみては。