Wowful

  • TOP
  • イベント情報
  • その他季節の行事・イベント
  • 関東
  • 神奈川県
  • 第19回 金沢文庫芸術祭

第19回 金沢文庫芸術祭見どころ

2017/9/17(日)~10/22(日)開催場所や展示により時間が異なる

神奈川県/横浜市金沢区

入場無料
電話番号なし
住所横浜市金沢区海の公園10
海の公園

※掲載されている情報は最新の情報では無い可能性があります。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

楽しいイベントが盛りだくさん! 世界のアートやグルメが集う芸術祭

楽しいイベントが盛りだくさん! 世界のアートやグルメが集う芸術祭

横浜市金沢区で毎年開催されている人気の芸術祭が、今年も9月17日(日)から始まります。初日には、「海の公園」でオープニングフェスティバルを開催。パフォーマーが歌やダンスで会場を盛り上げる「ワールドステージ」や、世界の珍しいグルメを味わえる「おまつりフード広場」、手作りの服やアクセサリーが並ぶ「アートブース」など見どころ満載です。

また、金沢区近郊のカフェやギャラリーで約1ヶ月に渡って行なわれる「アートラリー」では、クリエイターやパフォーマーが、個性的なアートイベントを実施。見たことのない芸術作品に触れたり、ワークショップで作品作りを体験したりと、街を散策しながら気軽に楽しめるアートイベントです。

見どころ

  • 「ワールドステージ」や「おまつりフード広場」で世界の文化を体験

    「ワールドステージ」や「おまつりフード広場」で世界の文化を体験

    オープニングフェスティバルでは、ステージイベントからグルメまで楽しい企画がいっぱい。「ワールドステージ」には、子どもから大人まで多くのパフォーマーたちが出演し、ヒップホップやフラダンス、フラメンコ、ベリーダンスといったさまざまな国のダンスが上演されます。芸術祭の開幕にふさわしい、熱いパフォーマンスをお見逃しなく。「おまつりフード広場」には、北海道アイヌの創作料理やエジプト料理、インドネシアの屋台料理など珍しいグルメ店がずらり。ほかにも、金沢区の食材を使った料理や自家製ビールを振る舞う、地元ならではの店も出店されます。ここでしか味わえない、貴重なグルメを堪能しましょう。

  • 個性的な作品が並ぶ「アートブース」で素敵なアイテムを見つけよう

    クリエイターのオリジナル作品が買える「アートブース」もオープニングフェスティバルの見どころのひとつ。レースや天然石を使ったかわいいアクセサリーや、木の温もりを感じられる木工の雑貨などが販売されます。50以上の店舗をじっくりと巡って、お気に入りのアイテムを探して。会場には、自分でオリジナルアイテムを作るワークショップも登場。槌目(つちめ)模様のシルバーリングや、アジアに古くから伝わる「飾り結び」でアクセサリーを作る講座、本物そっくりの食品サンプルを作る体験などができます。自由な発想で、作品作りに挑戦すればアートの楽しさを感じられそう。

  • 金沢区一帯がアートスポットに! 「アートラリー」に参加しよう

    メインイベントの「アートラリー」は、9月17日(日)から10月22日(日)まで行なわれます。期間中には、絵画やオブジェ、アクセサリー、陶芸品などの作品展をはじめ、演劇やコンサート、漫談などのライブ、いろいろな手作り体験ができるワークショップが金沢区近郊で開催。秋の金沢区を散歩気分で巡れば、新しいアートとの出合いが待っているかも。オープニングフェスティバルの「リトルアートラリー」では、「アートラリー」に出展する作家の情報や、イベントの情報をいち早く紹介。興味がある人はぜひ立ち寄ってみて。

  • 見て、触れて、体験して、アートがもっと身近になる芸術祭

    「アートを通じて、創造の芽を育て、次世代に何かを伝えたい」という思いから始まった「金沢文庫芸術祭」。今年は「こどもの未来は地球の未来」をスローガンに、9月17日(日)から10月22日(日)にかけて開催されます。初日には、「海の公園」でオープニングフェスティバルが行なわれ、即興で絵を描くライブペイントのほか、600mにも及ぶ「こども巨大絵画」が登場。ほかにも、ステージパフォーマンスをはじめ、おいしいフードやオリジナル作品の販売、ワークショップが開かれ、多くの人でにぎわいます。メインイベントである「アートラリー」には、多くのクリエイターやパフォーマーが参加。金沢区近郊のカフェやギャラリー、商店街で作品展やライブ、ワークショップが催されます。この機会に、まだ知らない新しいアートを見つけに出かけてみては。