Wowful

  • TOP
  • 施設情報
  • 城・名所・史跡
  • 北陸
  • 福井県
  • 丸岡城

丸岡城見どころ

大人450円~ 小人150円~
名称丸岡城
住所福井県坂井市丸岡町霞町1-59
営業時間8:30〜17:00
定休日無休

※掲載されている情報は最新の情報では無い可能性があります。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

日本最古の天守閣が現存、織田信長の命で築城された「丸岡城」

日本最古の天守閣が現存、織田信長の命で築城された「丸岡城」

戦国時代まっただ中の1576(天正4)年、織田信長の命により柴田勝家が甥の勝豊が築城。2層3階の天守閣は、現存するものとしては最古で、歴史マニアならずとも一度は見ておきたい戦国時代らしい要塞のような古城です。周辺は「霞ヶ城公園」として整備されており、春の緑、秋の紅葉というように四季折々の自然が楽しめます。

春は、天守閣を取り囲むようにソメイヨシノが咲き誇り、これに合わせて毎年4月に開催される「丸岡城桜まつり」は、大勢の人でにぎわいます。夜にはライトアップされ、幻想的なお城を見ることもできます。公園内には食事もできるカフェがあったり、地酒など丸岡らしいお土産も購入できます。

見どころ

  • 戦国時代の天守閣に登ればお殿様気分を味わえるかも⁉︎

    戦国時代の天守閣に登ればお殿様気分を味わえるかも⁉︎

    丸岡城の天守閣は2階建てに見えますが、2層3階と呼ばれる3階建てです。中に入ると、真下の敵に石を落とすための「石落とし」や、弓や鉄砲を撃つための小窓「狭間(さま)」など、戦国時代のお城らしい造りが目を引きます。

    階上へ行くには綱の助けを借りながら急な階段を登ります。最上階の望楼はふもとから約35m。吹き抜ける風を感じながら丸岡の町並みを見下ろせば、お殿様気分を味わえますよ。

  • 築城400年を記念してお城の周辺に造られた「霞ヶ城公園」を散策

    築城400年を記念してお城の周辺に造られた「霞ヶ城公園」を散策

    お城の周辺は日本庭園様式の「霞ヶ城公園(丸岡城公園)」として整備されています。「丸岡城」が別称「霞ヶ城」と呼ばれていることから、この名前が付きました。1979(昭和54)年に築城400年を記念して造られた公園で、春の緑、秋の紅葉と、季節の移ろいを感じることができます。とりわけ春の桜は見事です。

    園内には徳川家康の家臣・本多作左衛門重次が陣中から妻に宛てて送った手紙の文面を刻んだ「一筆啓上石碑」があります。「一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥せ」と刻まれたその石碑がきっかけとなり、1993年に全国初の手紙のコンクール「一筆啓上賞」が誕生。これまでに100万通を超える手紙が集まっているそうです。

  • 「丸岡歴史民俗資料館」でディープなお城の歴史を学ぼう!

    霞ヶ城公園内の天守閣へと続く石段のはじまりに、お城のような外観をした「丸岡歴史民俗資料館」が建てられています。館内には歴代城主ゆかりの武具や古文書などの品々を展示。

    お城の歴史を知ろうというときに、地元の資料館を訪ねてみるのは効果的な方法ですが、こちらの資料館は丸岡城天守閣と目と鼻の先にあり、おまけに入場料がお城と共通なので立ち寄らなければ損! ディープな歴史探訪を楽しみましょう。

  • 城を眺めながら味わう手打ちそば。丸岡のお土産も買えます

    城を眺めながら味わう手打ちそば。丸岡のお土産も買えます

    お城巡りや公園散策に疲れたら、霞ヶ城公園内の「一筆啓上茶屋」でひと休み。その中にある、そば処「一筆啓上」では丸岡産の玄そばを使った挽きたての手打ちそばが食べられるほか「そば打ち体験」も行なっています。

    お城を見ながらゆっくりとくつろげる「まる桜花(おか)ふぇ」も人気。手作りスイーツが充実しています。地酒やお米など丸岡の名産品もそろっている「物産店」もありお土産を買うことができますよ。

  • 外掘や砲台跡など周辺にあるお城の面影にも注目!

    「丸岡城」の周辺を歩いてみると、当時の面影を残す史跡がたくさんあります。取り囲む内堀は明治時代には埋められて道路になっていますが、外堀は用水路になりました。今も町のあちこちにまで、当時の面影を残す用水路が通っています。

    三国町梶の海岸まで足を延ばすと、丸岡藩の砲台跡が残っています。土塁と5カ所に砲眼と呼ばれる大砲を備える切り通しが現存しているので、ぜひ訪れてみてください。

    「本光院」には丸岡城主だった本多家の墓所があります。本多家は1613(慶弔18)年に初代成重が丸岡城主になってから、2代・重能、3代・重昭、4代・重益までこの地を治めました。

    「円光寺」には弾圧を逃れながらキリスト教徒がひそかに礼拝していた「キリシタン灯籠」が残されています。灯籠の竿石にマリア像が彫られ、竿石の上部は十字架をかたどって造られています。

    「丸岡城」やその周辺の散策をとおして、戦国時代に思いを馳せるひとときを楽しんでください。