Wowful

  • TOP
  • 施設情報
  • 博物館・資料館・記念館
  • 九州・沖縄
  • 福岡県
  • 九州国立博物館

九州国立博物館見どころ

大人430円(220円)、大学生130円(70円) *18歳未満70歳以上の方は無料。
名称九州国立博物館
住所福岡県太宰府市石坂4-7-2
営業時間9:30~17:00
毎週金・土曜日は20:00まで開館延長 (*入館は閉館時間の各30分前)
4/28(金)からは毎週金・土曜日は20:00まで開館延長
定休日月(日・振替休日の場合は翌日)

※掲載されている情報は最新の情報では無い可能性があります。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

海外文化交流の歴史に触れ理解できる!国内4番目の国立博物館

海外文化交流の歴史に触れ理解できる!国内4番目の国立博物館

2005年10月に開館した九州国立博物館は、ヨーロッパやアジア、さまざまな国との文化交流の玄関口だった福岡県太宰府市にあります。「日本文化の形成をアジア史的観点から捉える」をコンセプトに掲げ、毎回話題を集める年4回の特別企画展と常設展示の「文化交流展示室」が見どころ。アジアの伝統的な衣装や生活用品などを見て、触って楽しめる体験型「あじっぱ」などの展示を通じて、日本と世界各国の文化の交わりを知ることができる博物館です。

見どころ

  • 大きな展示空間に常設の文化財がぎっしり!「文化交流展示室」

    大きな展示空間に常設の文化財がぎっしり!「文化交流展示室」

    「海の道、アジアの路」をテーマに、旧石器時代から江戸時代までを5つに分けて、日本とアジアとの文化交流の歴史を紹介する「文化交流展示室」。それぞれの時代、人々の暮らしに欠かせなかった日用品や文化交流の証と言える美術品など、常時800~900点の文化財が並ぶ一大展示空間です。
    この「文化交流展示室」の特長は、常設展示でありながら特別企画展示のように、季節やテーマに応じて文化財が入れ替ること。その数、月に20~30点。毎月来ても、観賞したことがない文化財と出合えるかも!?

  • 五感を使って「あじっぱ」を大いに満喫しよう!

    五感を使って「あじっぱ」を大いに満喫しよう!

    体験型の展示室「あじっぱ」。中にはタイやベトナム、ミャンマー、韓国、中国、日本の6カ国の屋台がズラリ。伝統的な衣装や生活用品、おもちゃなどがそろい、手に取って遊ぶことができます。
    いろいろな国の街の音などを聞くことができる、秘密基地のような「たなだ」では壁に開いたふし穴をのぞくなど、動き回りながら楽しむことができます。ギャラリースペースの「あじぎゃら」もあり。子どもたちも、自由に見て触れて感じることができるスポット。入場無料なので、パパとママもうれしいですね。

  • 九博だから作れたグッズがめじろ押し!「ミュージアムショップ」

    九博だから作れたグッズがめじろ押し!「ミュージアムショップ」

    オリジナルグッズから、ポストカードやステーショナリー、Tシャツ、菓子まで幅広い品ぞろえの「ミュージアムショップ」。「九博小紋柄」など九州国立博物館にちなんだオリジナルの柄がプリントされた手ぬぐいは、人気商品のひとつです。収蔵品の「針聞書」に登場する虫のフィギュアや七宝根付などのグッズがある「針聞書シリーズ」も好評。もちろん、特別企画展示の図録なども購入できます。

  • 有名ホテルが手がけるレストラン&カフェ

    有名ホテルが手がけるレストラン&カフェ

    ホテルニューオータニ博多が手がける、別館のレストラン「グリーンハウス」。旬の地元食材を使ったオリジナルメニューを味わうことができます。和風スパゲッティやビーフカレー、カツサンドなど、多彩な料理が自慢です。小学生以下用のキッズプレートもあり、家族全員が楽しめる内容です。
    オープンカフェは1階エントランスホールにあります。光が差し込む、心地よい空間でコーヒーやオリジナルスイーツ、パフェ、ジェラートなどを堪能。食事や休憩利用だけでも訪れたい店です。

  • 見て触れて体験できるイベントが盛りだくさん!

    見て触れて体験できるイベントが盛りだくさん!

    九州国立博物館では、多様なイベントが行われています。特別企画展示にあわせたゲストのトークイベントはもちろん、これまでバスツアーや親子での茶道体験、学芸員の仕事体験、民族楽器を合奏するワークショップなど、たくさんの個性的な催しが実施されています。

  • 歴史的価値がある文化財を深く理解できるサービスが充実

    時代と国々をまたいだ文化財が展示されている「文化交流展示室」。毎週火曜日に「ミュージアム・トーク(展示解説)」が開催されています。担当学芸員が文化財について丁寧に説明してくれるため、理解が深まります。

    室内にある320インチの大画面の「スーパーハイビジョンシアター」から、超高精細8Kの美しい映像が流れています。会期中行われている特別企画展示に関する映像などを楽しむことができます(10時~16時、各30分間)。

    「きゅーはくの絵本」は、九州国立博物館に展示されている文化財などに関連する遣唐使や埴輪などが主人公になった作品が観賞できます。この作品は絵本として、ミュージアムショップで購入可能。子どもや孫へのお土産としても最適です。

    毎週日曜日のお楽しみ、「バックヤードツアー」。窓から収蔵庫や文化財保存修復施設や免震層など、普段立ち入ることができない場を見学できます。年に1度、文化財保存修復施設内に入れ、研究員や修理技術者による解説を聞くことができる特別公開の催しもあります。文化財保護の大切について、学ぶことができます。

    毎月1回行われる「きゅーはくミュージアムコンサート」。時季に応じて、クラシックや民族楽器の演奏、科学実験ショー、マジックなどが無料で楽しめます。文化財を鑑賞するだけでなく、ヨーロッパやアジアにゆかりのある催しを通じて、海外文化に触れることができます。ファミリー層を意識した子ども向けのイベントもあるなど、身近な博物館として足を運びやすいのも魅力です。