Wowful

  • TOP
  • 施設情報
  • 動物園・サファリパーク
  • 関東
  • 神奈川県
  • よこはま動物園ズーラシア

よこはま動物園ズーラシア見どころ

大人800円 小人200円
名称よこはま動物園ズーラシア
住所神奈川県横浜市旭区上白根町1175-1
営業時間9:30~16:30 入園は16:00まで
定休日毎週火曜日・年末年始(12/29~1/1)
火曜日が祝日の場合は翌日休園
5月・10月は無休

※掲載されている情報は最新の情報では無い可能性があります。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

日本最大級! ようこそ、世界一周の動物旅行へ

日本最大級! ようこそ、世界一周の動物旅行へ

「よこはま動物園ズーラシア」は日本最大級の都市型動物園。野生の動物たちが実際に暮らしている環境を再現した生息環境展示をしているので、動物たちにストレスがかからず、より野生に近い姿を目撃することができます。

園内は、世界の気候帯や地域の違いによって8つのゾーンに分かれていて、世界中いろいろな地域に生息する動物たちに出会えます。オカピやセスジキノボリカンガルー、テングザルなど、ほかではなかなか見られない珍しい動物たちもたくさん。

動物たちと触れ合えるイベントも開催されていて、1日中たっぷり遊べる動物園です!

見どころ

  • 檻がない!? 動物たちの自然の姿

    檻がない!? 動物たちの自然の姿

    一番の驚きは「よこはま動物園ズーラシア」には、ほかの動物園には設置されている檻が非常に少ないことです。動物たちとお客さんは「モート」という溝で区切られているだけなので、動物たちの姿を檻越しではなく、直接しっかりと目に焼き付けられますよ(鳥類や猿類など、一部の動物は檻の中にいます)。

    園内は「アジアの熱帯林」「亜寒帯の森」「オセアニアの草原」「中央アジアの高地」「日本の山里」「アマゾンの密林」「アフリカの熱帯雨林」「アフリカのサバンナ」の8つに分けられ、植物や地形などで、もともと動物たちが棲んでいた場所に近い環境を再現しています。まるで動物たちが自然の中で生きているような光景が広がっているんです。

  • 世界三大珍獣のうちの1種!オカピに会おう

    世界三大珍獣のうちの1種!オカピに会おう

    「よこはま動物園ズーラシア」といえばオカピ! シマウマのような模様の足をもつオカピは、実はシマウマではなくキリンの仲間。餌を食べるときはキリンのような長い舌を器用に使います。ジャイアントパンダ・コビトカバと並んで世界三大珍獣とされているオカピを日本で初めて公開したのがこの「よこはま動物園ズーラシア」なのです。模様がとってもキュートなオカピに会いに行ってみましょう!

  • アフリカのサバンナを再現! 肉食動物と草食動物が一緒にいる!?

    アフリカのサバンナを再現! 肉食動物と草食動物が一緒にいる!?

    8つのゾーンのうちの1つ「アフリカのサバンナ」は、「よこはま動物園ズーラシア」のなかでも一番新しいゾーンです。ライオンやクロサイ、シマウマ、キリンなどがいるこのゾーンでは、なんと肉食動物であるチーターと草食動物たちが一緒に暮らしています。チーターは草食動物を食べてしまわないのでしょうか?
    実は自分より体の小さい動物を狙うチーターにとって、ここで一緒に暮らす草食動物たちは大きすぎるため、襲いかかるようなことはないとのこと。普段は自分たちにとって安全な木の上などにいるので、活動場所も草食動物とうまく棲み分けられているそうです。

  • かわいい動物たちに触ってみよう!癒やされてみよう!

    かわいい動物たちに触ってみよう!癒やされてみよう!

    「よこはま動物園ズーラシア」では動物たちとふれあうこともできます。「アフリカのサバンナ」ゾーンではピグミーゴートと、「ぱかぱか広場」ではモルモットやパンダマウスとふれあえます。ほかにもラクダや馬の背中に乗ってみたり、馬にはニンジンをあげたりと、あちらこちらで動物たちとの交流を楽しめます。

    動物たちの餌を作る台所など、動物園の裏側を見学できるイベントもたくさん。動物たちの生態をさまざまな角度から見られるのも「よこはま動物園ズーラシア」ならではのポイントです。

  • わたしたちとともに生きている日本の山里の動物たち

    わたしたちとともに生きている日本の山里の動物たち

    日本のさまざまな動物が集まっている「日本の山里」も、日本の動物園では珍しい展示です。日本の代表的な動物であるニホンザルやホンドタヌキをはじめ、ホンドギツネや大きな二ホンツキノワグマ、長崎県の対馬にしかいない国の天然記念物のツシマヤマネコなどが暮らしています。
    都心からほど近い横浜で、たくさんの動物が山里に暮らしていたころの日本の原風景にふれてみてはいかがでしょう。

  • 動物たちが100種以上!さらに見どころたくさん

    まだまだ、たくさんの動物たちが暮らしている「よこはま動物園ズーラシア」。「アジアの熱帯林」ゾーンには、インドゾウやインドライオンのほか、スマトラトラやマレーバク、さらには草食性の幻のサル・アカアシドゥクラングールの姿もあります。「オセアニアの草原」ゾーンでは、カンガルーたちがのんびりと生活。「アマゾンの密林」や「アフリカの熱帯雨林」ゾーンでは、さまざまな種類の霊長類たちが暮らしています。「亜寒帯の森」ゾーンのホッキョクグマやフンボルトペンギン、ミナミアフリカオットセイなどは、地上にいる姿だけではなく、水中で活動する様子も見ることができるんです。

    大人から子供まで大人気の「ズーラシアンブラス」は、「よこはま動物園ズーラシア」の公式マスコットキャラクター、動物たちのブラスバンドです。動物たちの顔をしたキュートなブランスバンドが園内で演奏を披露します。
    本物の動物以外にも魅力が盛りだくさんなのも「よこはま動物園ズーラシア」のうれしいところです。

    歩き疲れたらレストランで一休み。「オセアニアの草原」ゾーンに位置する「オージーヒルグリルレストラン」は、ボリュームたっぷりのメニューが人気。「アフリカのサバンナ」ゾーンのサバンナテラスでは、サバンナを感じるアフリカ料理をたっぷり堪能できます。