Wowful

  • TOP
  • 施設情報
  • 動物園・サファリパーク
  • 関東
  • 埼玉県
  • 狭山市立智光山公園こども動物園

狭山市立智光山公園こども動物園見どころ

大人200円~ 子ども50円~
名称狭山市立智光山公園こども動物園
住所埼玉県狭山市柏原864-1
営業時間9:30~16:30
定休日毎週月曜日(祝日の場合は、翌日以降最初の休日にあたらない日)
年末年始(12月29日~1月1日)

※掲載されている情報は最新の情報では無い可能性があります。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

かわいいヤギやテンジクネズミとのふれあいに、子どもたちも大喜び!

かわいいヤギやテンジクネズミとのふれあいに、子どもたちも大喜び!

狭山市立智光山公園こども動物園には、自然や動物を身近に親しめる子ども目線の工夫がいたるところにあります。
「ふれあい広場」ではテンジクネズミやヒヨコ、ヤギたちとふれあえます。ポニー乗馬や、ミニブタやニホンザルたちへのエサやりなど、動物たちとのコミュニケーションが楽しめるイベントも毎日開催しています。
自然観察池で魚を観察したり水遊びをしたりするのもよし、芝生広場でシートを広げてお弁当を食べるのもよし。自然や動物とたわむれながら一日のんびり過ごせます。自然の地形を生かした53haもの都市公園「智光山公園」の中央に位置するため、小川や池などもあり、自然環境がとても豊かな動物園です。

見どころ

  • 長い橋を一列に。「テンジクネズミのおかえり橋」は愛らしさ満点!

    長い橋を一列に。「テンジクネズミのおかえり橋」は愛らしさ満点!

    「ふれあい広場」では、1日3回、テンジクネズミやヒヨコ、ヤギなどとふれあえますが、中でも大人気なのが、ふれあいの時間が終了した後、みんなの目の前を横切って舎へと帰っていくテンジクネズミの「おかえり橋」。
    さっきまでおとなしく自分に抱っこされていたかわいいテンジクネズミが、日本一長い21メートルもの橋に一列に並んでチョコチョコと走っていく姿に、子どもたちは大興奮!

  • 柵を超えて動物たちと直にふれあえる!

    柵を超えて動物たちと直にふれあえる!

    ふれあい広場では、休日だけでなく、平日も毎日、10時30分、13時30分、15時30分と1日3回、動物たちとのふれあいタイムがあります。普段は柵越しにしか会えないヤギやヒツジ、テンジクネズミやヒヨコたちと、じかにふれあえるうれしい時間!
    お母さんヤギにくっついて現れた子ヤギたちの姿は、言葉にならないかわいらしさ!時には、お誕生日を迎えたヒツジがふれあい広場に登場して、来園者のみんなと一緒にお祝いすることもあります。

  • 冬の間はニホンザルとカピバラが温泉でまったりと

    冬の間はニホンザルとカピバラが温泉でまったりと

    11月下旬から3月上旬まで、「どうぶつ温泉」が登場します。寒い冬の間、あったかいお風呂でくつろいだ姿を見せてくれるのはニホンザルとカピバラ。平日は、ニホンザルとカピバラのお風呂が1日おきに、土日祝日はニホンザルとカピバラ同時にお風呂タイムが実施されます。その上、土日祝日のお風呂はなんと、近隣の温泉「花鳥風月」からホンモノの天然温泉がプレゼントされます。動物たちのリラックスした姿を間近で見ると、こちらも幸せな気分になります。

  • 大好物は何だろう?動物たちにエサをあげてみよう!

    大好物は何だろう?動物たちにエサをあげてみよう!

    ニホンザル、ミニブタ、修景池の水鳥やポニー、ヤギやヒツジなど、生き物たちに直接エサをあげられるスポットがたくさん!それぞれの動物たちの舎の前には自動販売機が設置されていて、そこでエサを購入してあげるというシステムです。
    また、ハロウィンやクリスマスなどの特別な時には、サルやコツメカワウソ、ミニブタなどに大好物の食べ物をプレゼントしてあげるイベントも開かれます。身近で動物の生態にふれられる。こども動物園ならではの楽しいシステムです。

  • 子ども限定のポニー乗馬体験も!

    子ども限定のポニー乗馬体験も!

    4歳から小学生まで限定で、ポニー乗馬も体験できます。1回200円というお手頃価格もうれしいところ。表情の優しげなポニーともっと交流したい人は、エサをあげることもできます。園内にはロバもいるので、ポニーとロバの違いなども一目でわかります。

  • 希少のマーコールや人気のパルマワラビーなどが勢ぞろい!

    狭山市立智高山公園こども動物園には、ゾウやライオン、トラやキリンといったおなじみの大きな動物はあまりいませんが、エミュー、ワオキツネザルにパルマワラビーなど、ちょっと珍しくてとってもキュートな生き物たちが勢ぞろいしています。
    特に珍しいのが、日本ではわずかな動物園でしか飼育していない「野生ヤギの王様」といわれているマーコール。立派なツノに思わず見とれてしまいます。
    トカラヤギやコツメカワウソなどの赤ちゃんも次々に誕生。かわいらしい動物の子どもたちの様子を観察できます。修景池ではフラミンゴをはじめとした美しい水鳥たちの姿も。
    秋の夜長に鳴く虫たちの観察会をしたり、ヤギにブラシをかけてあげたり、カピバラなどの人気の動物にエサをあげたり、ヘビやカエルなどと直接ふれあったり。園内では季節を問わず、生き物たちと出会える楽しいイベントがめじろ押しです。
    珍しい動物たちの日常の様子を身近で観察してみたければ、ぜひ一度足を運んでみましょう!